So-net無料ブログ作成
検索選択
前の6件 | -

お知らせ [もくじ]

 
 
 
ご訪問いただいた方には申し訳ありませんが、 

PCの不調、そして多忙、また体調不良などが重なってしまい、

更新が滞っております。



ただ単に 「ヘタレ」 「サボり」 と思われても仕方ないのですが・・

時間をみつけて定期的に発信、書くことの大変さを実感している次第で、

時間に余裕が出来次第、ふたたび発信していきたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。








________________________________________________________




お時間のある方は、過去の人気記事などよろしければどうぞ



私の逸品シリーズ その1 BOSE101MM
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-09-28

私の逸品シリーズ  その2 SS厚底フライパン
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-10-07-1


スーパークールビズ始動
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-06-03

至高のひげそりタイム
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-01-24

気象予報士「THE WEATHERMAN」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-04-13


犬の名前は?セバスチャン
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2009-02-16

私の逸品シリーズ その4 「Cカンパニーのシステム手帳」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-12-09

17年17万キロストーリー その5 「スタッドレスに感動」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-12-10




________________________________________________________


共通テーマ:日記・雑感

写真はウソ 映像もウソ 21世紀のスタンダードは?

 
 
写真はウソで、映像もウソ。


メディアは急激に発達したけれど、交通網のまだ成熟していない20世紀は、

新聞に書いてあった」とか、「ニュースで見た」とか、

そんな不確かな、自分の目で見ていない、体験をしていない事を、

にわかに信じていた時代。


・・・・・・


そして21世紀。

今の時代、行こうと思えば地球上のどこにでも行けるし、

知りたいと思う事は、たいてい調べられてしまうようになった。


なので、

できることなら自分の目で見たもの、感じたものをホンモノと思うようにしたいと思うのです。


写真も、映像も、信用できない誰かが撮ったものは、

まず 「???マークの点滅」 をさせ、その意図をまず図り、

これはもしやウソじゃないかなと疑ってから、スルーするか、受け入れるか。


動画で見た」、「ネットに書いてあった」、そんなものはデバイス上の絵空事。

自分自身で体験したことがホンモノ。

これを21世紀のスタンダードとしたいと思うし、それが可能な時代でもあると思うのです。





おしまい





________________________________________________________




久しぶりの休み、朝の一服時にふと頭に浮かんだのはこんなこと・・です。





関連記事

写真とたましい
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-05-16

やってみた「コーヒー豆で掃除」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-11-13

「おもてなし」日本を知ろう
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-09-11



nice!(52) 
共通テーマ:日記・雑感

三菱はどうなる 日産自動車は日本の会社か?

 
 
突然ですが、


「ハッピーメーター」


という言葉をご存知でしょうか?

たいていの車のスピードメーターは少し速度がプラスで表示されていて、
実際は 55km/h しか速度が出てないけれど、
メーターは 60km/h を指しているといった感じ。


例えが極端になりますが、特に外車のスーパーカーなんかでは、
「メーター読みで 300km/h 出したよぉ」なんて豪語したつもりが、
実際には 270km/h だった・・・なんて話はよくあることで、
1割くらいの誤差は、まぁ許容範囲といったところ。


運転している人間の、
速度の達成感というか満足度というか、そんなものを満たしてくれる、

「ハッピーメーター」という概念


・・・・・・


ただし、逆に誤差が出るとあまりよろしくないようで・・

メーター読みで 60km/h で、実際は 65km/h だったとなると、
「このクルマはあまりスピードが出ないな、性能がよくないな」と思うし、
うっかりオーバースピードで走ってしまい、「ハイ御用」という事になりかねません。

また保安上、行政からの指導もあり、速度超過対策として
自動車メーカーも速度がマイナス側には振れないように基準が厳しくなっているようです。





PIVOT ( ピボット ) スピードメーターV (赤表示) SML-V

PIVOT ( ピボット ) スピードメーターV (赤表示) SML-V

  • 出版社/メーカー: ピボット(PIVOT)
  • メディア: Automotive


________________________________________________________



なぜこんな話をするかというと、

「三菱自動車の燃費の偽装問題」

の報道の仕方にとても違和感を感じる今日この頃で、

もちろん悪いのは燃費の偽装をした三菱自動車なんだけれど、

話の出所が三菱から車を仕入れていた、日産自動車というのが引っかかります。

あげくの果てに今度の買収劇。

最初からシナリオは書かれていたとも思えてきます。


・・・・・・


多くの日本人は日産自動車は日本の会社と思っているようだけれど、

日産の

続きを読む


nice!(101)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

つれづれに

 

ゴールデンウィークも終わりですね。

休みもそうだけれど、なんと言っても気候がゴールデンで値千金。

ここちよい風を感じるこの頃です。

 
今日は、地に足をつけて身近な話題というか、

私的なここ一週間ほどの出来事などをつれづれに









________________________________________________________



今年もゴーヤを種から育てています。

発芽はいつもどおりに遅々として進まなかったけれど・・

ようやくちいさな鉢に植えるところまで、連休前に漕ぎ着けた。








16-04-29_001.JPG


コスト0円 ペットボトルを切っただけの鉢

________________________________________________________



「今週末は母の日だな・・」と思っていたら、火曜日に電話があり来てほしいとの事。

次の日の水曜は普通に仕事だったけれど、早く上がれたので原付で隣の市へ向かう。

先々月にスマホデビューした母、またいろいろと教えてほしいと、
これが2回目の講習会・・・のようなもの。


そして教えている私の電話はスマホではなく、いまだにガラケーです。。







Apple iPhone 6 16GB シルバー 【docomo 白ロム】MG482J

Apple iPhone 6 16GB シルバー 【docomo 白ロム】MG482J

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス


________________________________________________________



歯医者通い、つづいています。

左上の親知らずの抜歯の後は、右上のこれも親知らずで虫歯が進行していてかなり深く、
あわや抜歯かというところ。

なんとか歯を残して、根の治療をしていきましょうとのアドバイスを受け、
治療開始からそろそろ2カ月。

ようやく土台を入れ、型をとる段階まで来ました。


そんな歯医者通いで、なかなか行けなかった、
美容室もなぜか歯医者とおなじ日の予約。

順番は 歯医者 ⇒ 美容室 のほうがよかったけれど、
美容室が14時で、歯医者が16時30分と、辛いほうがあと。


どちらも前掛けをして椅子が後ろに倒れたりして、なにか一緒のようにも見えるけれど、
歯医者は慣れてもコワくって、削った痛みもあり、麻酔はしてもらったけれど・・

昨日はあまりクスリを飲まない私も、鎮痛剤のお世話になる始末・・・でした。







つれづれにおしまい






ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

  • 出版社/メーカー: BRAUN(ブラウン)
  • メディア: ホーム&キッチン




________________________________________________________



関連記事


ゴーヤ2015 その1 始動
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-04-19 

年末の美容室
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-12-27

歯医者が怖い
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2016-02-29

ゴールデンウィークひとり旅
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-05-03



nice!(72)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

今年初の夏日

 
 
五月のスタートは初夏を通り越して夏のような陽気。


「横浜では、今年初の夏日」


とニュースで言っていて、

近くの海老名のアメダスでも14時に26.0を観測。


すこし早すぎる、こんな夏の空気感のみち方に違和感をおぼえつつ、

思うところは、昨今の極端な天気の事。


ことしの夏はどうなのかな??

とそんな思いが頭をよぎります。







いのちを守る気象情報 (NHK出版新書 404)

いのちを守る気象情報 (NHK出版新書 404)

  • 作者: 斉田 季実治
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2013/05/08
  • メディア: 新書


________________________________________________________



気象マニア


・・と迄は行かないけれど、天気にはなみなみならぬ関心をもっている私。

そんな事を思うのは、いまから20年程前に気象予報士の資格を取って、

なにかそれを生かした仕事がしたいと本気で勉強していた事が影響していると思います。


日々の天気図チェックはもちろん欠かさず、

当時のバイト先でファックスをちょくちょく図々しくも使わせてもらい、高層天気図も出力して、
(今ほどネットは充実してなかったので)

いま起こっている現象(天気)はなぜこうなるのか、

大気が立体的に、どうひしめきあい、どうせめぎ合い、そしてどうふるまっていくのか、

そんなものを毎日頭に叩き込んでいた時期がありました。


結局はその道に行くことは叶わなかったのだけれど・・

日々の天気の移り変わりには敏感になり、天気というのは、

地球だけでない宇宙もふくめたつながりのなかで起こっている現象なのだということを

すこしだけ知ったのだと思います。







一般気象学 第2版補訂版

一般気象学 第2版補訂版

  • 作者: 小倉 義光
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2016/03/28
  • メディア: 単行本
気象の「バイブル


________________________________________________________



さて、気象のほうは昔よりも予報の精度は高くなっているようですが、

おなじ気象庁の観測している、


地震


については予報ができない、というか予報はしちゃいけないもので、

大地震が起こると必然的に注目が集まり、メディアでの報道が多くなりますが・・・

時とともに関心は薄れていくように思います。


わたしは地震に関しては気象ほど詳しくはないけれど、

この日本列島というものの成り立ちをすこしでも知ると、

大地というかプレートというか、そういうものが地下でひしめきあい、せめぎ合っているのが

容易に想像がついて、この日本に居る限りはどこにいても大きな地震は起こりえて、

油断はならなくて他人事ではないと、

今年初の五月にしては暑い夏日にそんなことを思うのです。





おしまい






関連記事

小寒 「北極冷蔵庫」はトビラ全開で日本向き
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-01-05

夏と冬 せめぎあう空気のかたまり
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-10-14
 
今夜は冷える 放射冷却現象を簡単に
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-10-24 




________________________________________________________



【 広 告 】














日本列島の誕生 (岩波新書)

日本列島の誕生 (岩波新書)

  • 作者: 平 朝彦
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/11/20
  • メディア: 新書








火山入門―日本誕生から破局噴火まで (NHK出版新書 461)

火山入門―日本誕生から破局噴火まで (NHK出版新書 461)

  • 作者: 島村 英紀
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2015/05/08
  • メディア: 新書






nice!(73)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

外から眺める4 世界一貧しい大統領

 
 
「世界でいちばん貧しい大統領」


とリスペクトされる、先日に来日した南米ウルグアイの、

ホセ・ムヒカ前大統領(80歳)へのインタビューにおおいに共感する所がありましたので、

いくつかの印象的なことばを引用してみたいと思います。




【世界一貧しい大統領インタビュー】
「富を求めるよりも人生には大切なことがある」「広島へ行くのは日本人へのリスペクトです」
http://www.sankei.com/premium/photos/160423/prm1604230021-p1.html



________________________________________________________
 


大統領??のプロフィール


所詮お金持ちだろ・・権力者の言うことなんか・・成功したからでしょ・・・

の声も聞こえそうですが、このムヒカさん、貧困、ゲリラ活動、投獄など衝撃の過去をもち、

若かりし(1960年代)ころには都市ゲリラのメンバーとして武装闘争に加わり投獄4回に、

脱獄が2回、銃撃戦で6発撃たれて重傷を負い、そして軍の独房暮らしも10年などという、

社会の底辺をからだで知る男なのではと思います。


その後、一国の長となりながらも、給与の大部分を財団に寄付したり、官邸には住まない、

愛車は「ビートル」ことフォルクスワーゲンのタイプ1、一説にはひと月1000ドル強での暮らし、

などと、つつましい暮らしを貫き通してきた、なかなかの人物と思えます。


「世界が抱える諸問題の根源は、我々の生き方そのものにある」

と説いた2012年の国際会議での伝説的スピーチで一躍時の人となり、

また、アメリカとキューバの国交回復にも大きな役割を果たしたとも言われています。






ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領 (角川文庫)

ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領 (角川文庫)

  • 作者: アンドレス・ダンサ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: 文庫

________________________________________________________



貧しさも権力も知っているであろうこの人、

見方によっては左よりの理想主義者と思えなくもないのですが、


「世界はどうなったらよくなるか」


って事を本気で考えてるんじゃないかなって、インタビューの言葉ひとつひとつから感じられ、

またそれをさんざん考えに考え抜いた人だなという印象を受けました。


そうして日本に対する下記の引用も当然的を得たものになっています。





「私がさまざまな場で提言してきた考え方は、もしかしたら日本で伝統的に引き継がれてきた文化と、根底で通じているのではないでしょうか。日本の良い伝統文化というものが、いま、西洋化された文化によって埋もれて見えなくなってしまっている、そういう状態なんじゃないですか」





岡目八目とはよくいったもの






先生も生徒も驚く日本の「伝統・文化」再発見

先生も生徒も驚く日本の「伝統・文化」再発見

  • 作者: 松藤 司
  • 出版社/メーカー: 学芸みらい社
  • 発売日: 2012/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


________________________________________________________



また、生き方や発言だけでなく大麻を合法化という大胆な政策を実行した事でも知られ、

非合法組織を排除し、中毒者の健康問題にも対処したという現実的な手腕もうかがえます。



「私たちが目指したのは、マリファナを管理することです」


「ドラッグに賛成しているわけではありません」



との言葉には、単純にマリファナいけません的な古い考え方でなく・・・



「若者を犯罪集団の手に渡してはいけない」


「麻薬自体よりも麻薬を取引している集団の方が悪い」


「中毒からは脱却できても、組織からは抜け出すことはできない」



などのそれにつづく言葉は、薬害よりもおそろしいのは人間という

物事の本質をよく見ていて、世界をホントによくしていきたい気持ちの現れを感じます。







NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2015年 6月号 [雑誌]

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2015年 6月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 発売日: 2015/05/30
  • メディア: 雑誌


________________________________________________________




「世界はネクタイを使わないことでよくなる」



ムヒカさん、もしやクールビズ推進派??

いえいえ・・・



世界を変えるために闘ってきましたけれど、私の目指しているのは、ネクタイを使いたい人は使えばいい、使いたくない人は使わなくていい。そういう世界です。私は個人的には質素な暮らし、抱え込まない人生というのが良いと思っています。でも、同じ考えを誰かに強制したいとは思いません。自由のために戦っていますが、自由というのは他者がしたいことを妨害することではありませんよね




ここから私が連想したのは、

ネクタイの結び方って一説には絞首刑とおなじで、

それを身につけるということは、だれかの奴隷と一緒ということ。

見えない世界の支配者からへの脱却を暗に意味しているのではと思いました。










________________________________________________________




さて、

引用したい言葉はたくさんありますが、あまり多くても意味がないので、これが最後。

根本にあるのが なんといってもこれ



「私がしていることは、考えの種をまくということです」




個々が考える時代に来ているのを予見しているとも思えます。


日本からは地球の裏側とも言える南米のウルグアイの、

そして年齢的にはわたしの亡き親父と同世代のホセ・ムヒカ前大統領の、

意味のあることばでしめくくり。







おしまい






関連記事


外から眺める3 素晴らしい●●
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-06-03

スーパークールビズ始動
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-06-03

マリファナの科学
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-06-25

ポータルサイトを考える
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-02-26



________________________________________________________





【 広 告 】






世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 汐文社
  • 発売日: 2014/03
  • メディア: 大型本








世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

  • 作者: くさば よしみ
  • 出版社/メーカー: 汐文社
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: 単行本




nice!(76)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感
前の6件 | -