So-net無料ブログ作成

外から眺める4 世界一貧しい大統領 [情報とソース]

 
 
「世界でいちばん貧しい大統領」


とリスペクトされる、先日に来日した南米ウルグアイの、

ホセ・ムヒカ前大統領(80歳)へのインタビューに、

おおいに共感する所がありましたので、

いくつかの印象的なことばを引用してみたいと思います。









【世界一貧しい大統領インタビュー】
「富を求めるよりも人生には大切なことがある」
「広島へ行くのは日本人へのリスペクトです」
http://www.sankei.com/premium/photos/160423/prm1604230021-p1.html






ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領 (角川文庫)

ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領 (角川文庫)

  • 作者: アンドレス・ダンサ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: 文庫


________________________________________________________
 


「大統領??のプロフィール」


所詮お金持ちだろ・・権力者の言うことなんか・・成功したからでしょ・・・

の声も聞こえそうですが、

このムヒカさん、貧困、ゲリラ活動、投獄など衝撃の過去をもち、

若かりし(1960年代)ころには都市ゲリラのメンバーとして、

武装闘争に加わり投獄4回に、脱獄が2回、銃撃戦で6発撃たれて重傷を負い、

そして軍の独房暮らしも10年などという、

社会の底辺をからだで知る男なのではと思います。













世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 汐文社
  • 発売日: 2014/03
  • メディア: 大型本


________________________________________________________


その後、一国の長となりながらも、

給与の大部分を財団に寄付したり、官邸には住まない、

愛車は「ビートル」ことフォルクスワーゲンのタイプ1

一説にはひと月1000ドル強での暮らし、などと、

つつましい暮らしを貫き通してきた、なかなかの人物と思えます。


「世界が抱える諸問題の根源は、我々の生き方そのものにある」

と説いた2012年の国際会議での伝説的スピーチで一躍時の人となり、

また、アメリカとキューバの国交回復にも、

大きな役割を果たしたとも言われています。










________________________________________________________


貧しさも権力も知っているであろうこの人、

見方によっては左よりの理想主義者と思えなくもないのですが、


「世界はどうなったらよくなるか」


って事を本気で考えてるんじゃないかなって、

インタビューの言葉ひとつひとつから感じられ、

またそれをさんざん考えに考え抜いた人だなという印象を受けました。


そうして日本に対する下記の引用も当然的を得たものになっています。








「私がさまざまな場で提言してきた考え方は、もしかしたら日本で伝統的に引き継がれてきた文化と、根底で通じているのではないでしょうか。日本の良い伝統文化というものが、いま、西洋化された文化によって埋もれて見えなくなってしまっている、そういう状態なんじゃないですか」







先生も生徒も驚く日本の「伝統・文化」再発見

先生も生徒も驚く日本の「伝統・文化」再発見

  • 作者: 松藤 司
  • 出版社/メーカー: 学芸みらい社
  • 発売日: 2012/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


________________________________________________________


また、生き方や発言だけでなく、

大麻を合法化という大胆な政策を実行した事でも知られ、

非合法組織を排除し、

中毒者の健康問題にも対処したという現実的な手腕もうかがえます。


「私たちが目指したのは、マリファナを管理することです」


「ドラッグに賛成しているわけではありません」

との言葉には、単純にマリファナいけません的な古い考え方でなく・・・


「若者を犯罪集団の手に渡してはいけない」


「麻薬自体よりも麻薬を取引している集団の方が悪い」


「中毒からは脱却できても、組織からは抜け出すことはできない」

などのそれにつづく言葉は、

薬害よりもおそろしいのは人間という、物事の本質をよく見ていて、

世界をホントによくしていきたい気持ちの現れを感じます。











NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2015年 6月号 [雑誌]

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2015年 6月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 発売日: 2015/05/30
  • メディア: 雑誌


________________________________________________________




「世界はネクタイを使わないことでよくなる」



ムヒカさん、もしやクールビズ推進派??

いえいえ・・・



世界を変えるために闘ってきましたけれど、私の目指しているのは、ネクタイを使いたい人は使えばいい、使いたくない人は使わなくていい。そういう世界です。私は個人的には質素な暮らし、抱え込まない人生というのが良いと思っています。でも、同じ考えを誰かに強制したいとは思いません。自由のために戦っていますが、自由というのは他者がしたいことを妨害することではありませんよね




ここから私が連想したのは、

ネクタイの結び方って一説には絞首刑とおなじで、

それを身につけるということは、だれかの奴隷と一緒ということ。

見えない世界の支配者からへの脱却を暗に意味しているのではと思いました。














________________________________________________________


さて、引用したい言葉はたくさんありますが、

あまり多くても意味がないので、これが最後。

根本にあるのが なんといってもこれ


「私がしていることは、考えの種をまくということです」


個々が考える時代に来ているのを予見しているとも思えます。


日本からは地球の裏側とも言える南米のウルグアイの、

そして年齢的にはわたしの亡き親父と同世代のホセ・ムヒカ前大統領の、

意味のあることばでしめくくり。







おしまい










世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

  • 作者: くさば よしみ
  • 出版社/メーカー: 汐文社
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: 単行本







関連記事


外から眺める3 素晴らしい●●
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-06-03

スーパークールビズ始動
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-06-03

マリファナの科学
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-06-25

ポータルサイトを考える
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-02-26






nice!(76)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

マグニチュード1は食パン一斤 [科学とSF]

 
 
地震の報道に、おなじみの震度とともにその規模を表す、


「マグニチュード」


これは地震のエネルギーの大きさを表した単位で、

一般にマグニチュード7以上が大地震と言われますが、

震源が遠かったり、深かったりするとそうならないこともあるようで、1 

実際の揺れと被害との関連は、色々な地震を注意深く見ていかないと

このマグニチュードという単位を推し測るのは、

一般には、中々難しいのではないでしょうか。











________________________________________________________


マグニチュードが・・・

1増えるとエネルギーは約32倍、

2増えると1000倍、

などと、資料によく書いてあるけれど、

いまいち分かりづらく、なにか生活上の実感をともなわなくて、こんなことが


「数字や単位なんてメンドくさ」


「気象?? そんなもの天気だけわかりゃいいよ」


的な科学的無関心を増長させ、もしそれが災害を大きくしているのだとしたら、

ここはあえて言い切ってしまいましょう


続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

核兵器のない世界 [情報とソース]

 
 
先進7か国の、

お偉いさん方たちが、被爆地である広島につどいまして、


「 広 島 宣 言 」


なるものを出し、

核軍縮・不拡散の必要性を訴えたという今日のニュースたち。










・核軍縮「広島宣言」発表し、閉幕…G7外相会合
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160411-OYT1T50066.html?from=ytop_main5


【G7外相会合】核保有国の米英仏外相が平和記念公園の慰霊碑に献花
http://www.sankei.com/politics/photos/160411/plt1604110015-p1.html





________________________________________________________


さて、お題の、


「核兵器のない世界」


へのわずかな前進のようにも思えますが、

ホントにもし核兵器がなくなれば世界に平和はおとずれるのでしょうか?

答えは・・・


続きを読む


nice!(73) 
共通テーマ:日記・雑感

世界初 「雨男、雨女の科学的解明に成功」 [科学とSF]

 
このたび日本の大学の研究チームが、

スーパーコンピュータを使ったシミュレーションで

雨男、雨女であるかを数値的に表す事 に成功したと発表しました。


このスーパーコンピュータ内では、

地球上のあらゆる場所と日時の気象が再現可能で、

また人間60億人分の移動可能な位置データも持つことができ、

地球での気象とそこに晒される人間の関係をシミュレートできるものだそうです。
















ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える

ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える

  • 作者: ビクター・マイヤー=ショーンベルガー
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/05/21
  • メディア: 単行本


________________________________________________________


今回の実験では、

被験者300人の過去700日(約2年分)の位置の追跡をGPSで行い、

行動科学とともにDNAの遺伝情報もアルゴリズムに組み込み、

スーパーコンピュータ上にシミュレーションとして再現。

その結果、雨男、雨女の確率をにデータ化することに成功したもの。


なお今回の被験者には外国人も含まれており、

今後GPSでの追跡とDNAのサンプルを提出すれば、

日本人に限らず雨男、雨女を判別してくれるとの事です。







・世界初 「雨男、雨女を科学的に解明する事に成功」
http://www.unakakenaidaro/sorry_april_fool


外出時、雨にさらされる確率が7割以上を雨男、雨女と定義











ビジネス活用事例で学ぶ データサイエンス入門

ビジネス活用事例で学ぶ データサイエンス入門

  • 作者: 酒巻 隆治
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2014/06/25
  • メディア: 単行本


________________________________________________________




そんな事が

続きを読む


nice!(91)  コメント(8) 
共通テーマ:ニュース