So-net無料ブログ作成
検索選択

「忘れ雪」 今日の一曲 [音楽]

 
 
関東では時ならぬ、4月の雪、そして寒さ


「忘れ雪」


と言うには遅すぎるかもしれないけれど、

もの悲しいこの曲が、連想された今日のこんな天気





wy74.jpg

忘れ雪 / オフ・コース    1974年10月20日発売のシングル

作詞・作曲 松本隆 / 筒美京平              現在は廃盤

________________________________________________________



この曲、

「作詞・作曲 松本隆 / 筒美京平」 とあるように、

オフコースのオリジナルではありません。


小田さんも康さんも、アレンジ、演奏に参加させてもらえず、

ボーカルのみ参加という珍しい曲で、レコード会社、プロデューサーのゴリ推しにより、

メンバーが納得しないまま発売となったとか・・・


そんな曲のなりたちなのですが、

もの悲しい歌詞とメロディ、そして小田さんの歌声が溶け合って、
(康さんとの絶妙なハーモニーもありますが)

聞き手のせつない思い出を呼び起こさずにはいられない、

そんな曲だと思います。









おしまい






関連記事


秘密の花園
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-03-24



________________________________________________________



【 広 告 】


オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989

オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989

  • アーティスト: オフコース,小田和正,鈴木康博,山上路夫,山川啓介,東海林修,松本隆,ランディ・グッドラム,馬飼野俊一,青木望,矢野誠
  • 出版社/メーカー: ファンハウス
  • 発売日: 1998/05/21
  • メディア: CD


こちらで試聴できます ディスク1 の 6曲目 「忘れ雪」




________________________________________________________


男と女、

あるいは、女と男の

かなわなかった、かなしくも、せつない愛の歌














________________________________________________________
nice!(40) 
共通テーマ:日記・雑感

「Scotch And Soda」 今日の一曲 [音楽]

 
 
一曲シリーズ、じつに半年振りです・・・今日取り上げるのは


「Scotch And Soda」
スコッチ&ソーダ





量はそれほど多くないけれど、家系というか親譲りで酒好きのわたし・・・

お酒と名の付くものなら、たいていは好き。





________________________________________________________



ただし、

続きを読む


nice!(47) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一曲「End Of The Road」 [音楽]

 
 
昨日、インターFMを聞いていたら、流れてきた


「End Of The Road」



なんでも、BOYZⅡMENの来日ツアーが今月にあるようで、

メンバーのひとりと(ショーンだったかな・・)電話インタビューのあと、

絶妙のタイミングで・・・やっぱりかかった








Cooleyhighharmony

Cooleyhighharmony

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2008/12/02
  • メディア: CD

________________________________________________________



もう20年以上も前の曲で、なつかしさは感じるけど、古くはなっていないと思う、

名曲。

オーストラリア在住時に、至るところで聞いた。

当時のホームステイ先の子供のJ君は、まだ幼稚園児だったけれど

「End Of The Road」が大のお気に入りだった。

ませたガキだなと思いつつも、

帰国後に輸入版のCD(↑)を自分も結局は買って、たまに聞くと思い出すのは彼の事で、

昨日みたいにラジオから偶然流れてきても、それは同じ。








おしまい







関連記事とリンク


チャーリーとチョコレート工場
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-12-25

ホームステイ2軒目 セバスチャンとの出会い
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-01-29

今日の一曲 「A Lover's Concerto」 ラヴァーズ・コンチェルト
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-03-27

マイカテゴリ 音楽
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300359518-1

ボーイズⅡメン ジャパン・ツアー 2014 http://www.kyodotokyo.com/b2m

公式HP http://www.boyziimen.com/splash




nice!(6) 
共通テーマ:日記・雑感

69 ロックの日 [音楽]

きょう6月9日は

「ロックの日」



誰ですか?? シックスナインとかsixty nineとか言っているのは・・・去年の私だ。。


昨年の記事  69 (sixty nine)
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-06-09






そんな話しはさておき、ロックといえば「ロックンロール」

えっ、ロックはキライですか? そりゃあ、もったいないお化けが出ますよ。

心の領域の使える所を使ってないままですから。。



・・・・・・



思わず、ラジオのツマミをぐいっと上げて、大音量にしたくなってしまう、そんな音楽。

好きな音楽ならジャンルを問わずに、誰もがそんな感じかもしれないけれど、この

「ロック」というヤツには不思議な魔力があって、そういう力がダントツと私的には思ってます。


まぁでも、いくら言葉で音楽論を語っても、表現しても空しいし、ムリなこと。

フィーリング。 感じることが大事。

それに飽き足らなくなったら身近な楽器を手にするのもいいでしょう。


さて、一口にロックといってもさまざまで、これこそロックだとか、

あんなのはロックじゃないよ、と蓼喰う虫も好き好き状態だけれど、

おのおのが、いい意味で勝手に聴いたり、自由にやればいいと思う。


さて、そんなロックのもとをたどっていくと、

この人に突き当たり、避けて通れないのが「エルビス」




ザッツ・オール・ライト

ザッツ・オール・ライト

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BMGインターナショナル
  • 発売日: 2001/01/08
  • メディア: CD




彼が影響を与えたアーティストは数知れないけれど、

その彼はどこから影響をうけたのか、誰の曲をカバーしたのか、

彼はどこから来たのか、土台となっているカントリーやブルース、

彼を生み出した時代背景なんかを考えると、

決して60年も前の出来事ではなくて、今にも通じているものがあると思うのです。

おっとっと、理屈っぽくなって来てしまいました。



・・・・・・



ロックなら、パンクでもサイケでもオルタナでもヘヴィメタルでも、ビートルズだろうが

ツェッペリンだろうが、アコギでもいい、エレキじゃなけりゃいけない理由も無い。 

みんながそれぞれ自由にやればいいじゃないですか。

好きに聴いたり、パフォーマンスをして、心を開放すればいいじゃないですか。




おしまい






関連記事

音楽のきき方
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-04-18

ぼくはプレスリーが大好き
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-01-22



共通テーマ:日記・雑感

Soul Shake Down Party [音楽]

 
 
今日は「ボブ・マーリー」の命日

(1981年5月11日没)








レジェンド~ザ・ベスト・オブ・ボブ・マーリー

レジェンド~ザ・ベスト・オブ・ボブ・マーリー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1992/07/10
  • メディア: CD


________________________________________________________



サザンの桑田さんは、マーリーでなく、

「ちょいとマーレーさん」とか歌詞の中で呼んでますね。

そんな、「マーレーさん」を聴くようになったのは90年代前半頃からで、

サーフィンをやるようになって少ししてからのこと。


海で知り合った人が聴かせてくれた、

テープの感じがとても気持ち良くって気に入ってしまい、

その中にこの「Soul Shake Down Party」が入っていたのです。








________________________________________________________



さっそく自分でも欲しくなって、

マーレーさんのレコードやらCDを、ショップで漁ってはみるのだけれど、

レーベルの種類もアルバムも数が多すぎて、どれを買っていいのかさっぱりわからずに、

歌い出しの「Soul Shake Down Party」の文句だけを頼りに、

このCDを見つけてきたのです。








ssdp.jpg

輸入版で現在は廃盤かも(全24曲入り)

________________________________________________________



聴かせてくれたテープには、ほかにもマーレーさんのいい曲がいっぱいあって、

それからいろいろとLPやらCDやらを買ってさがしたのだれど、

今だに再会できてない曲もあるような気もします。








ONE LOVE-ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・マーリィ(初回限定特別価格盤)

ONE LOVE-ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・マーリィ(初回限定特別価格盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/04/27
  • メディア: CD


________________________________________________________



でも、そのおかげで他のこの人のいい曲にめぐり合えたので、

それはそれでよしとしましょう。

音楽を捜し求めているとこんなことがよくあります。


ちなみに現在、アマゾンで

「ボブ・マーリー」で検索したら1662件もヒットしました。
(多くて迷うはずだ・・・)









おしまい







関連記事


たまにはCDを聴く
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-10-03

音楽のきき方
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-04-18

クラプトン様、来日
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-10-18

カテゴリ 音楽
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300359518-1



________________________________________________________





【 広 告 】





Soul Shake Down Party

Soul Shake Down Party

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Elap
  • メディア: CD







Soul Shake Down Party

Soul Shake Down Party

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー:
  • メディア: CD








Soul shake down party

Soul shake down party

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー:
  • メディア: CD




「Soul Shake Down Party」でamazonで何件かヒットするのだけど 

わたしのCDと同じのはもう無いようです


________________________________________________________



共通テーマ:日記・雑感

今日の一曲「ワヒネ・イリケア」 [音楽]

 
 
今日、ラジオ(インターFM)を聴いていると、

デニス・カマカヒさんの訃報を伝えていました



・レジェンド ”デニス・カマカヒ|Dennis Kamakahi” 逝く
http://8011web.com/hawaii/denniskamakahi/



ハワイイ・ミュージック界のレジェンド

スラック・キー・ギターリストであり、作曲家。




Pua'Ena

Pua'Ena

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Windham Hill Records
  • 発売日: 1996/05/21
  • メディア: カセット


________________________________________________________



わたしのお気に入りのこのアルバム ↓

マウイでジャケ買いしてしまったヤツで、

「マスターズ・コレクション」の名に恥じない、

素晴らしき「スラック・キー・ギター」の気持ちいい曲ばかり。


今夜は外が荒れ模様の天気だけど、

このアルバムを久しぶりに聴いてみます。

夏に向かって進んでいくこれからの季節(特に夜)にはぴったり。


彼の「ワヒネ・イリケア」は10曲目。

そして、2曲目の「Ulili E」にも彼と彼も息子とのクレジットがありました。






Hawaiian Slack Key Guitar Masters Collection 2

Hawaiian Slack Key Guitar Masters Collection 2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Windham Hill Records
  • 発売日: 1999/07/27
  • メディア: CD


________________________________________________________



61歳での他界は早すぎるとの声は多いけれど、

すばらしい曲というか、そんなカタチを越えた存在のものを、

この世に残せて、いいなって思います。






おしまい






関連記事

蒸し暑さに思う
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-06-17

HAWAIIAN MUSICの耳コピ
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-06-18-1


________________________________________________________




【 広 告 】



聴いていてとても心地いい 「スラック・キー・ギター」 アルバム いろいろ




Hawaiian Slack Key Guitar Masters Collection 1

Hawaiian Slack Key Guitar Masters Collection 1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Windham Hill Records
  • 発売日: 1995/05/23
  • メディア: CD





Slack Key Guitar

Slack Key Guitar

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Palm Records
  • 発売日: 2000/01/01
  • メディア: CD





Slack Key Guitar 2 (Dig) (Jewl)

Slack Key Guitar 2 (Dig) (Jewl)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Palm Records
  • 発売日: 2003/10/28
  • メディア: CD





Ohana

Ohana

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Windham Hill Records
  • 発売日: 1999/01/12
  • メディア: CD





________________________________________________________


共通テーマ:日記・雑感