So-net無料ブログ作成
検索選択
情報とソース ブログトップ
前の6件 | -

トランプ抗議デモの黒幕はxxx [情報とソース]

 
 
「負け犬の遠吠え」


というか、

「往生際が悪い」


ともいえ、



選挙戦の結果を受け入れず、

いかにもアメリカ国民はトランプを支持しないというような、

「トランプ抗議デモ」をつかったイメージのご宣伝にはうんざりさせられ、

前回記事にて意図的なものを感じると書きましたが・・・

どうやら黒幕がいそうとの情報。






ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ

ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ

  • 作者: ジョージ・ソロス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/09/02
  • メディア: 単行本



 
________________________________________________________



断っておきますが、

私はトランプ支持でもないし、ジョージ・ソロスのことが嫌いでもない。

あっ、誰だか書いちゃいましたね。。


ごくふつうの働き盛りの年代の日本の一市民に関係ないっちゃ関係ないかもしれないけれど、

ただこういった、


「いかにも世間はこうなっています」


的な意図をもった情報操作にはムシズが走ってしまうのです。







今回のソースはこちら


・宮崎正弘の国際ニュース・早読み
トランプへの抗議デモを背後で操るのはジョージ・ソロス
http://melma.com/backnumber_45206_6448584/


・ワシントンタイムスの元記事
Republicans call on Clinton, Obama to reel in Soros-linked ‘professional’ anti-Trump protesters
http://www.washingtontimes.com/news/2016/nov/14/republicans-call-clinton-obama-reel-professional-a/



________________________________________________________



さいごに


日本でも似たような報道はたくさんあって、ここでは詳しく述べないけれども、

ときおり鼻をつまみたくなるようなニュースが流れ、

その狙いが見えてしまうと、とてもイラだちます。


これを読んだ皆様がすこしでも、

日々の何気ないけれど意図的なニュースに疑問をもっていただければと思うのです。








おしまい







さよならパヨク

さよならパヨク

  • 作者: 千葉麗子
  • 出版社/メーカー: 青林堂
  • 発売日: 2016/04/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



カエルの楽園

カエルの楽園

  • 作者: 百田尚樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 単行本



________________________________________________________



関連記事


世界情勢を読む 「ロシア政治経済ジャーナル」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-11-17

習近平訪英 ロンドンは騒然
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-10-21

ルーチン・ワーク
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-06-14

トランプ次期大統領
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2016-11-13





共通テーマ:日記・雑感

トランプ次期大統領 [情報とソース]

 
 
 
大手マスコミと、それに追従する既得権者たちの扇動もむなしく・・・

アメリカ合衆国の次期大統領はトランプさんに決まったようです。






マスコミが報じないトランプ台頭の秘密

マスコミが報じないトランプ台頭の秘密

  • 作者: 江崎道朗
  • 出版社/メーカー: 青林堂
  • 発売日: 2016/10/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



________________________________________________________



フタを開けるまではわからず、わたしももしやホントにそうなるとは思っていなくて、


「トランプは悪い人だ ! !」

「トランプが大統領になったらアメリカは、世界はどうなる ? ?」


などと、くりかえしくりかえされ続けたゆえ、トランプは大統領になれないと、

アタマに刷り込まれてしまったのでしょう。 おそろしい。


変化を求めてあえいでいるむこうの国のひとたちの声が、

変化を求めない既得権にしがみつく輩たちの声を上回った結果といえるのではないでしょうか。







壁面を手軽にイメチェン インテリアフラッグ「STARS AND STRIPES アメリカ国旗」(サイズ:90×158cm) 【旗・国旗・バナー・タペストリー・アメリカン雑貨】









________________________________________________________



選挙戦の報道につられ、株価(日経)は一時大きく下げたものの・・・

その後何もなかったように回復。


「反トランプ」をかかげ、

デモや暴動の報道もされているようですが、何か意図的なものを感じます。


さて、そんな雑音や市場の動向はさておき、

トランプ次期大統領は来年一月からの稼動。

もう当選するやいなや、いろいろと動き始めているようです。

ここはその仕切り直しのお手並み拝見といきましょう。









おしまい













関連記事


暴言王 トランプ
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2016-03-20

偏光 そして 偏向
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-07-29

イエロー・ジャーナリズム
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-04-10





________________________________________________________



コメント


いろいろの事があり、お休みしておりましたが、

ようやく落ち着いてきましたのでスローながら再開できそうです。

なお、nice! コメント 欄は勝手ながらしばらく閉じさせていただいております。






その他関連記事


外から眺める4 世界一貧しい大統領
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2016-04-24

核兵器のない世界
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2016-04-11

平和三原則、「核の傘」(1970年)
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-02-18

2プラス2
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-11-02

外から眺める2
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-12-05





共通テーマ:日記・雑感

写真はウソ 映像もウソ 21世紀のスタンダードは? [情報とソース]

 
 
写真はウソで、映像もウソ。


メディアは急激に発達したけれど、交通網のまだ成熟していない20世紀は、

新聞に書いてあった」とか、「ニュースで見た」とか、

そんな不確かな、自分の目で見ていない、体験をしていない事を、

にわかに信じていた時代。


・・・・・・


そして21世紀。

今の時代、行こうと思えば地球上のどこにでも行けるし、

知りたいと思う事は、たいてい調べられてしまうようになった。


なので、

できることなら自分の目で見たもの、感じたものをホンモノと思うようにしたいと思うのです。


写真も、映像も、信用できない誰かが撮ったものは、

まず 「???マークの点滅」 をさせ、その意図をまず図り、

これはもしやウソじゃないかなと疑ってから、スルーするか、受け入れるか。


動画で見た」、「ネットに書いてあった」、そんなものはデバイス上の絵空事。

自分自身で体験したことがホンモノ。

これを21世紀のスタンダードとしたいと思うし、それが可能な時代でもあると思うのです。





おしまい





________________________________________________________




久しぶりの休み、朝の一服時にふと頭に浮かんだのはこんなこと・・です。





関連記事

写真とたましい
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-05-16

やってみた「コーヒー豆で掃除」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-11-13

「おもてなし」日本を知ろう
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-09-11



nice!(57) 
共通テーマ:日記・雑感

フランスでのテロ 再び そして [情報とソース]

 
 
昨日からニュースでも盛んにやっておりますが・・

フランスでのテロ事件が再び・・・

そして、高速鉄道のTGVが脱線とのニュースも入ってきました






・パリ悪夢再び 治安対策も限界
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6180879


・高速鉄道脱線、10人死亡=仏東部
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00000011-jij-eurp




________________________________________________________



今年の一月にも大きな話題となった、フランスでの連続テロ

あれからまだ一年も経っていない、同じ国での大きなテロ事件。


今回の犠牲者は100人~120以上と見られ、
(前回の犠牲者 12~16人)

規模や使用された武器などを考えると、組織による計画的犯行との見方が最有力で、

オランド大統領は 「イスラム国の犯行」 と発言しています。








イスラムの怒り (集英社新書 493A)

イスラムの怒り (集英社新書 493A)

  • 作者: 内藤 正典
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/05/15
  • メディア: 新書



________________________________________________________



同じ国でたて続けだと、災難続きという印象で、

テロのあとの鉄道事故と聞くと、もしや? との思いもあるけれど、

TGVの脱線は、試験運転中での速度超過が原因とみられ、

テロの可能性は現時点では低そうです。









フランス7つの謎 (文春新書)

フランス7つの謎 (文春新書)

  • 作者: 小田中 直樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 新書



________________________________________________________



世界的にも人気の観光地であり、

日本人観光客の渡航先国ランキングでもトップ10に入ってくる、

フランスでの事件。


現時点では日本人が犠牲になったという報道はありませんが・・

今年はじめの「ISILによる日本人人質殺害事件」なども思いだされ、

他人事とは思えません。


日本ではテロが無いと思われがちだけれど、

たとえば北朝鮮による「拉致」は立派なテロ行為。

これには国として毅然とした対応をしていくのはもちろんの事なのだけれども、

私たち国民レベルでも、そういう行為に「間接的に加担する」ことがないようにしたいと、

そんな事を、今回の事件で思うのでした。








おしまい







移民と現代フランス―フランスは「住めば都」か (集英社新書)

移民と現代フランス―フランスは「住めば都」か (集英社新書)

  • 作者: ミュリエル ジョリヴェ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 新書





________________________________________________________



あとがき


数年前のハナシになりますが・・・

とある、外資系企業に勤めていたときの社長は外国人。
(会社は日本にあります)

「わざと赤字にして法人税を払わない」

とか、会社の規模拡大に際し、

「大量採用、そして大量解雇」が日常化してきて、まぁなによりも、

「社員軽視の儲け至上主義」

に嫌気がさして、結局はそこを去ったのですが、

日本を好きでないのに、日本を利用だけしている人間を見ると

非常に腹が立ちます。


何が言いたいかというと、

「フランスに居ながら、フランスを攻撃する」 今回の事件のように、

「日本に居ながら、日本が好きでない人」

そんなイデオロギーの違う人間が、私の知る例以外にも、結構周りにはいるようで、

油断がなりません。






________________________________________________________



関連記事


JE SUIS Charlie フランスでのテロ事件
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-01-13

ニッポン人は10着だと服が足りない
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-06-07

とつぜん襲う、暴力や犯罪 あなたなら?
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-06-21

モロッコがフランスから独立(1956)
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-03-02


320km/hの世界へようこそ
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-03-18

SHINKANSEN と TGV
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-03-24

ボーイング787 その4 運航再開なるも。。
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-04-26


Paris フランステロ パリテロ イスラム国テロ パリ同時テロ ISによる犯行 パチンカス パチンコ北朝鮮

________________________________________________________


nice!(84) 
共通テーマ:日記・雑感

習近平訪英 ロンドンは騒然 [情報とソース]

 
 
日本の新聞社は1社を除き・・・

「中国の悪口」

は書いてはイケマせん。。

ということになっているらしいので、






1/24 けいおん! SP 映画けいおん! ロンドンタクシー








「習近平訪英 ロンドンは騒然」

などとタイトルに書いてみても、はて?? 何のこと?? 

そんなニュース知らん・・・と思う人の方が多いでしょう。





________________________________________________________



本日の新聞記事


・【 読 売 】 習主席、英女王主催晩さん会出席…議会で演説も
http://www.yomiuri.co.jp/world/20151021-OYT1T50030.html?from=ycont_top_txt


・【 朝 日 】 習主席、英議会で「蜜月関係」強調 晩餐会は皇太子欠席
http://www.asahi.com/articles/ASHBP2DQ7HBPUHBI006.html


表向きはこんなところですが・・・
 

続きを読む


nice!(75)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

偏光 そして 偏向 [情報とソース]

 
 
「偏光グラス」


というものをご存知でしょうか?







シマノ フィッシンググラス PC HG-078L(サングラス 偏光グラス)

シマノ フィッシンググラス PC HG-078L(サングラス 偏光グラス)

  • 出版社/メーカー: 株式会社シマノ
  • メディア: その他


________________________________________________________



私がその存在を知ったのは釣り少年だったころ。

見かけはサングラスの様なのだけれど、レンズに工夫がしてあって、

水面などのギラつきが抑えられて、視界がクリアになり、

水面や水中、そして底の様子が見やすくなり、

オマケに眼が疲れない、よく見える、というスグレものなのです。








VAXPOT(バックスポット) サングラス 偏光レンズ

VAXPOT(バックスポット) サングラス 偏光レンズ

  • 出版社/メーカー: VAXPOT
  • メディア: その他


________________________________________________________



現在、こういうスグレモノは釣り用だけでなく、

「偏光レンズ」使用のサングラスということで、

おもに屋外向けのスポーツに広く普及しており、

ランニング、自転車、ゴルフ、登山などで、

使用されている方も多いのではないでしょうか。









________________________________________________________



そんな「偏光グラス」

アウトドア向けだけかと思いきや、

PCのモニター用として使用している人もいるそうで、

これには「なるほど」というか、一本取られた感じです。










________________________________________________________



さて、そんなスグレモノの


「偏光」


だけれど、

続きを読む


nice!(57)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の6件 | - 情報とソース ブログトップ