So-net無料ブログ作成
検索選択
旅の途中 ブログトップ
前の6件 | -

1985.8.12 日航123便墜落事故 [旅の途中]


 
「日航ジャンボ機墜落事故」


から30年になります。






墜落の夏―日航123便事故全記録

墜落の夏―日航123便事故全記録

  • 作者: 吉岡 忍
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1986/08
  • メディア: 単行本


________________________________________________________



当時、わたしは高校2年生で夏休みの真っ最中。

生まれも育ちも神奈川県だけれど、

この日は、たまたま群馬県へと合宿に来ていました。

そして夜のミーティング時に、引率の指導者から事故の第一報を聞いたのです。








御巣鷹の謎を追う (宝島SUGOI文庫)

御巣鷹の謎を追う (宝島SUGOI文庫)

  • 作者: 米田 憲司
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2011/07/07
  • メディア: 文庫


________________________________________________________



合宿場所は、おなじ群馬ではあるけれど、

事故現場からは遠く、テレビもラジオもない山の中。

何かが見えたとか聞こえたとか、そういうことは全然なくて、

とくに影響はなかったけれど、ただ大変な惨事であることだけが人の口から伝えられ、

それがかえって、印象に残る結果になりました。








墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)

墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)

  • 作者: 飯塚 訓
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/04/19
  • メディア: 文庫


________________________________________________________



そして下界へ戻ってみると、新聞もテレビも大変な騒ぎで、

ジャンボ墜落により、乗客524名のうち死亡者数は520名という、

航空史上にない大惨事であることがしだいに明らかとなっていきました。









墜落の夏―日航123便事故全記録 (新潮文庫)

墜落の夏―日航123便事故全記録 (新潮文庫)

  • 作者: 吉岡 忍
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1989/07/27
  • メディア: 文庫


________________________________________________________



事故とは関係ないのだけれど、

この時、合宿に来ていたの仲間のうち二人が、その後若くして亡くなってしまい、

30年たった今でも、あのときのひとコマが、忘れられない夏の記憶となってよみがえります。


病気で亡くなった彼、自ら命を絶った彼女。

そいつらの分も生きなければと、

いま自分は生きている事を実感しつつ、

毎年この日が近付くと、事故で亡くなった方に想いを重ね、

人の命の儚さを感じずにはいられなくなるのです。








おしまい






関連記事


空の安全を思う
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-11-13

さよなら747
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-03-08





________________________________________________________

nice!(61)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴールデンウィークひとり旅 [旅の途中]

 
 
ゴールデンウィーク

って、いい響きですね。


世間一般の人にとっては休日が続き、

また、気候的にも暑さも寒さもほどほどで、

おでかけにちょうどいいのが、このゴールデンウィーク

なのではないでしょうか。




________________________________________________________



私の場合は今年も、というか・・ここ数年、

とくにゴールデンウィークのお休みはありません・・・
(仕事の関係でですが)

でも、夏に向っていく今くらいの天気、

空気、風なんかがとても気持ちのいいもので、これは値千金。

休みはとれずとも、せめて気分だけでもゴールデンと行きたいもの。


過去に、某通信系のメーカー勤務時には9連休なんていう、

恵まれていた時期もありましたが、

なかなかそういう時は、そのありがたさに気がつかずに、

無為に過ごしてしまう事もよくあるお話。


今日のお題の

「ゴールデンウィークひとり旅」は

そんな頃のそんな季節に、

虚しさをかかえた若者の、あてもなく、満たされない、

旅の様子をつづったものです。


それではどうぞ


nice!(35)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

どん底 [旅の途中]

 
 
「どん底」



人間生きていると、いろいろな事があります。

いいコトばかりではないかもしれません。


人生、山あり谷ありというけれど・・・

ふとしたところに待ち構えている、思いがけないワナに落ちてしまって、

なかなか這い上がれない事がままあるようです。




________________________________________________________



6年まえのわたしは、

突然の失業、なんていう事があり、

文字通り 「どん底」 の状態におちいりました。


時期的には今くらいの年度末のことで、

リーマンショックのあおりを受け、勤務先の会社が危機に瀕した影響で、

ほぼ、即解雇と言ってもいいくらいの、会社の処遇もそうなのだけれど、

それに対して何もできない無力な自分を、相当情けなく感じたのです。







おしまい






関連記事


4 years ago.(恐ろしい依頼退職)
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-03-31

人ごとでない薬物依存(ASKA容疑者逮捕)
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-05-19

さくらの季節
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-03-30


________________________________________________________


nice!(32) 
共通テーマ:日記・雑感

学校をサボる。「天気雨」 今日の一曲 [旅の途中]

 
学校に行きたくない、そんなとき・・・

仮病をつかって、

「頭が痛い」とか「お腹が痛い」とか、

あるいは「熱っぽい」とか、いろいろな理由を考えて、

「今日は休んじゃおう」

とそんな手を使った人は多いのではないでしょうか。



________________________________________________________


僕も人並みに、風邪をひいて休んだり、

「あぁ、今日はなんか行きたくないな」

、とこれはズル休み。


登校拒否とかではないので、基本的にズル休みは一日あれば十分。

小中学生くらいまでは、年に一度かそこいらはそんな日があったと思います。

皆勤賞とかはほとんどなかった記憶。

高校になると、もう大人の入り口であんまりそういうことはなくなった。

そう、あの日彼女と一緒に学校をサボって

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

「沖縄は中国のもの」?? [旅の途中]

 
 
そんなワケありませんね

「沖縄は日本のもの」です。 断じて。


タイトルの「沖縄は中国のもの」

私はそんなことは微塵も思いませんが、

かの国は平気でそんな事も言ってきそうな気配も見えるこのごろ。


だけど、政治とか国家とかの、カタイ話は今日はここでおしまい。






危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告

危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告

  • 作者: ケント・ギルバート
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


________________________________________________________



沖縄へ初めてサーフトリップしたのは90年代なかば。

ちょうどお盆の時期と重なってしまい、

航空券がなかなかとれず、ようやく取れたと思ったら

「大分経由だけどいいですか?」

って、旅行代理店のオネーチャン。


ちょっと遠回り・・・行けるだけましだから、ここは妥協。

さっそく本州を脱出。


夏を飛び出し、また夏の島へ。







風景写真ポスター 沖縄 波照間島ニシ浜37  自分好みの額に入れたりボードに貼って部屋飾りを楽しめます。最高級の素材にこだわりのプリント。 (A1 84.1×59.4cm)







________________________________________________________



那覇空港近くのレンタカー屋さんも混雑してて結構並ばさせられる。

そして、あてがわれたのはホンダのロゴ。

コンパクトな5ドアのハッチバック。 今のフィットの兄貴か、親か、ご先祖か。




・関連記事 ホンダ「フィット」勝手にインプレッション
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-09-05





ホンダ・ロゴのすべて (モーターファン別冊)

ホンダ・ロゴのすべて (モーターファン別冊)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 1996/11
  • メディア: ムック


________________________________________________________



さっそくハードケースに入ったボードを載せるために、

持参のソフトキャリアをルーフにくくりつけ、いざ目的地の北谷のコンドミニアムへgo


途中で食料、そして酒を買い込む。

忘れちゃいけない「オリオンビール」








オリオン ドラフトビール 350ml×6缶セット

オリオン ドラフトビール 350ml×6缶セット

  • 出版社/メーカー: オリオンビール株式会社
  • メディア:

________________________________________________________



宿でも呑んだけど、地元の居酒屋にも通って、

たまには国際通りまで足をのばしたりとか、呑んでばかりやん。。


肝心の波はスモールサイズだったけど、旅先にしてはまぁまぁ。

潮で出来る時間は限られていて、底の珊瑚のギザギザにはハワイより気をつかった気がします。


そんな沖縄ともここのところごぶさた。

そして、今日5月15日は沖縄返還の日(1972年)なのでした。








瑞泉酒造 古酒 43度 1800ml

瑞泉酒造 古酒 43度 1800ml

  • 出版社/メーカー: 瑞泉酒造
  • メディア: 食品&飲料


________________________________________________________



杉山清貴ふうに言いますと、


「愛する君の街、オキナワが日本に戻った五月のこと♪」


だそうです。


↓ 8曲目の「オキナワ・イン・メイ」より。 この曲なんかすきだな。







脈絡なく・・おしまい










here&there

here&there

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 1991/03/25
  • メディア: CD



________________________________________________________





【 広 告 】






沖縄の歌 決定盤

沖縄の歌 決定盤

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2000/04/06
  • メディア: CD










島唄の風~沖縄ベストコレクション~

島唄の風~沖縄ベストコレクション~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/12/16
  • メディア: CD




nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

お墓参り [旅の途中]

 
 
「暑さ寒さも彼岸まで」

とはよくいったもの。


今日は風こそ少し冷たかったけれど、春らしい陽気。

お彼岸のうちにお墓参りをと思い、お袋と一緒にバスに乗り込んだ。




________________________________________________________



ひとまず着いた駅前も、連休のせいか人は多い。

花屋でも、お彼岸なので仏花を買い求める人は多かった。


そしてまた、駅からお墓の近くまで別系統のバスで行く。

近くにバス停がなく、下車してからは約1キロほどの道程。


いつもはクルマで行く。 家からは30分ほどで着いてしまう距離。

今日は事情でクルマが使えなかったけれど、

たまにはバスを使い、歩いてみるのもいい。










________________________________________________________



途中に桜が咲いていた。

見慣れたソメイヨシノではない・・河津桜かな・・・

花の名前には明るくない・・・

帰ったらちょっと調べてみよう。










ペンギンライター お線香ライター ハンディターボII ガス注入式

ペンギンライター お線香ライター ハンディターボII ガス注入式

  • 出版社/メーカー: ペンギンライター
  • メディア: スポーツ用品



________________________________________________________



だいぶ歩いてお墓に到着。 お参りの人影はやはり多い。

水を汲んできて、お墓の簡単な掃除をして、

お線香に火をつけて、手を合わせて、お参りをしました。


目に見えないなにか。 先祖からのつながり。

命のバトン。 受け継がれていく遺伝子。

今もうここにはいない人たち。 そして生きている自分たち。


とりとめもなくそんなことを考えた。





おしまい












ミルキーの香りのミニ寸線香

ミルキーの香りのミニ寸線香

  • 出版社/メーカー: カメヤマ
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品




________________________________________________________



共通テーマ:日記・雑感
前の6件 | - 旅の途中 ブログトップ