So-net無料ブログ作成

時代は変わる [歴史]

 
 
今日は11月1日。 およそ100年ほど前のこの日(1922年)に、

トルコ革命によってオスマン帝国が滅亡したと言われています。

アジア・アフリカ・ヨーロッパに約600年もの永きにわたり君臨した、

オスマン帝国(1299年~1922年)の終焉。


日本で言えば、鎌倉時代から大正時代まで・・・(長っ!!)


17世紀での最大領土は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、

南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロヴァキアに至る、

それはそれは広大な領域に及びました。













オスマン帝国六〇〇年史 三大陸に君臨したイスラムの守護者 (ビジュアル選書)

オスマン帝国六〇〇年史 三大陸に君臨したイスラムの守護者 (ビジュアル選書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
  • 発売日: 2014/09/17
  • メディア: 単行本


________________________________________________________


なぜ、いまこの話題かといいますと、

NHKカルチャーラジオをふと聴いていたら、

「歴史再発見 イスラームを学ぶ―伝統と変化の21世紀」

という番組をやっていて、

どちらかというと、とっつきにくい難解なイスラム教の事もラジオなら、

なんとか喰らいついていけるのでは・・・いい機会と思って聞いていたのですが、

この中で触れられていたのが、オスマン帝国の終焉だったのです。













NHKカルチャーラジオ 歴史再発見 イスラームを学ぶ―伝統と変化の21世紀 (NHKシリーズ)

NHKカルチャーラジオ 歴史再発見 イスラームを学ぶ―伝統と変化の21世紀 (NHKシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2015/09/25
  • メディア: ムック


________________________________________________________


さて、番組は年末まであり今は折り返しの中盤で、

わたしの“イスラーム”への理解が深まるかはまだ未知数。

オスマン帝国とイスラームの教えとの関係については興味深い話をしていて、

これは別に機会があれば触れてみたいと思いますが、


今日いちばん言いたい事は、


「時代は変わる」


ということ。















ボブ・ディラン/時代は変わる/BOB DYLAN/ロックTシャツ/バンドTシャツ/メンズ/レディース




________________________________________________________


広大な地域を600年もの間、支配してきたオスマン帝国の終焉。

時を前後して、第一次大戦を機に、

世界の国家の枠組みは大きく変化を遂げました。


そして、第二次大戦

その後の、欧米の台頭

そして冷戦と、たくさんの代理戦争


(ちょっと、はしょってる部分がかなりありますが・・・)















増補改訂版 なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか ルールメーキング論入門 (ディスカヴァー携書)

増補改訂版 なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか ルールメーキング論入門 (ディスカヴァー携書)

  • 作者: 青木 高夫
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2013/03/16
  • メディア: 新書


________________________________________________________


そして現代、21世紀になってからの最大の注目事は

強大になってしまった中国でしょう。

また最近では、

ISの台頭 ~ ロシアのシリア介入

中国マネーになびく、、そして独も・・・

米中、「軍事衝突」の危機か?

など直近でもこれだけの事があり、時代の変わりつつある今、

しばらくは、世界の動向から目が離せないようです。







おしまい










黄禍論と日本人 - 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか (中公新書)

黄禍論と日本人 - 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか (中公新書)

  • 作者: 飯倉 章
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2013/03/22
  • メディア: 新書











関連記事


中東ニュース 2連発
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-07-04

「映像の世紀」 ときには20世紀を振り返る
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-11-29

爆買い
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-02-23

世界情勢を読む 「ロシア政治経済ジャーナル」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-11-17







子どもたちに語るヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)

子どもたちに語るヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: ジャック ル・ゴフ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: 文庫









ヨーロッパ覇権史 (ちくま新書)

ヨーロッパ覇権史 (ちくま新書)

  • 作者: 玉木 俊明
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2015/10/05
  • メディア: 新書







nice!(75)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

セーシェルがイギリスから独立(1976年) [歴史]

 

今日、6月29日は

「セーシェル」が、

「イギリス」から独立した日(1976年)























世界の国旗ポストカードシリーズ <アフリカ> セーシェル共和国 Flags of the world POST CARD <Africa> Republic of Seychelles






・セーシェル共和国

セイシェル、とも言いますね

________________________________________________________


セーシェルって、どこ??


アフリカ大陸から1,300kmも離れた、

インド洋に浮かぶ大小様々な115の島々で、

インド洋に浮かぶ最後の楽園、インド洋の真珠などと形容されたりします。


赤道に近いけれど、まわりはほぼ海なので、

年間を通じ日中の最高気温は28度~31度C、最低気温は24度~25度Cで、

緯度のわりには快適といっていいかもしれません。

(でも 日差しは強烈ですね)














________________________________________________________


その歴史は、といいますと・・


・ 7 - 8世紀にアラブ人が来航

・ 1502年にヴァスコ・ダ・ガマの第二回東インド航海においてその活動が目撃される

・ 1742年にフランスが探検隊を送り込む
(当時の首相の名から、諸島が「セーシェル」、最大の島をマへ総督から取って「マヘ島」に)

・ 1756年にフランスが領有権を主張

・ 1794年にはイギリス海軍のものとなる


いろいろ・・揉めたようですが・・・


・ 1814年にイギリス領となりました

・・・・・・

・ そしてやっとイギリスから独立したのは、約150年あとの1976年















________________________________________________________



さて、カタイ話は

続きを読む


nice!(56)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「映像の世紀」 ときには20世紀を振り返る [歴史]

 
 
ここのところ、やわらかい記事が続いたので、

今日はちょっとシリアスに。

・・・・・・

いよいよ年末が近くなり、一年を振り返る時季でもあるのだけれど、

今年起こったニュースは、年の瀬にはもう色あせて見え、

時の早さを感じずにはいられません。

時の移ろいに薄れてゆく記憶。

今年一年の出来事でさえこれだのに、10年、20年前の事となると、

「はて? あの時はどうだったか・・・」

と忘我の境地に陥ってしまう事もしばしば。


こんな調子なので、それならばいっそ、一年や10年単位とのセコイ事は言わず、

それ以上の「100年」と「世紀」単位で大きく、

時には世界を振り返ってみましょう。

 
 











NHKスペシャル 映像の世紀 SPECIAL BOX [DVD]

NHKスペシャル 映像の世紀 SPECIAL BOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD

________________________________________________________


「百聞は一見にしかず」

とはよく言ったもので、映像にして観てしまうのが手っ取り早い。

この「映像の世紀」は、全11巻、時間にして全部で800分以上と長丁場だけれど、

効果的なナレーションと音楽、そしてなんといっても生々しい映像に、

時間を忘れてついつい見入ってしまいます。


動く映像の誕生という、およそ100年前の、その初期の貴重な映像も含め、

ほぼ20世紀を振り返った、評価の高いこのドキュメンタリーは、

「歴史そのもの」の膨大な映像記録の集大成でもあります。


動くルノワール、そしてラスプーチン?、タイタニック号の映像などもあって、

楽しめる内容ではあるのだけれど、全編にわたる印象は、

「映像の世紀」もとい「戦争の世紀」といっても過言ではないと、

久しぶりに見て思うのでした。

暴力、虐殺、死ぬ場面、死体などの衝撃的な映像が含まれますのでご注意ください。















NHK DVD-BOX 「映像の世紀」全11集

NHK DVD-BOX 「映像の世紀」全11集

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD

________________________________________________________


すでに21世紀を生きているわたしたち。

この映像を見て思うのは、技術的な事はともかく、人間って、

20世紀と比べてあまり進歩してない様に思ってしまうけれど、

どうでしょうか。


ときには20世紀を振り返り、今いる場所、置かれた状況をキチンと確認して、

日々の世界情勢のニュースの雑音に惑わされずにいたいものです。






おしまい













NHKスペシャル 映像の世紀 SPECIAL BOX [DVD]

NHKスペシャル 映像の世紀 SPECIAL BOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD

・惜しむらくはちょっと高い価格設定

95年の放送当時に録画していた我が家のビデオテープもそろそろ限界が近いよう











関連記事


NHKスペシャルが放送開始(1989年)
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-04-02

カラカウア王、来日す(1881年)
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-03-05

平和三原則、「核の傘」(1970年)
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-02-18

不発弾処理に思う
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-10-27

世界情勢を読む 「 ロシア政治経済ジャーナル 」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-11-17













パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版

パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版

  • アーティスト: 加古隆
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 2000/10/12
  • メディア: CD



・テーマ曲の「パリは燃えているか」

いちど聞いたら、映像と密接にからみあい脳裏にきざまれる







nice!(34) 
共通テーマ:日記・雑感

ゾルゲ事件(1941年) リヒャルト・ゾルゲがスパイ容疑で逮捕 [歴史]


 
今日10月18日は、俗に言う、


「ゾルゲ事件」


のボスキャラともいえる、

「リヒャルト・ゾルゲ」が逮捕された日です。
(1941年)
















ゾルゲ 引裂かれたスパイ〈上〉 (新潮文庫)

ゾルゲ 引裂かれたスパイ〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: ロバート ワイマント
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 文庫


________________________________________________________


武器でたたかうばかりが戦争じゃあ、ありません。

相手のふところに忍び込み、世間をあざむき、

必要な「情報」を得ることは、スパイに課せられた使命ともいえ、

これも戦い方のひとつ。

そして、時にその「情報」は国の運命をも左右させる事もありえるのです。






・秘密保護基準 「知る権利の尊重」を貫きたい














ゾルゲ 引裂かれたスパイ〈下〉 (新潮文庫)

ゾルゲ 引裂かれたスパイ〈下〉 (新潮文庫)

  • 作者: ロバート ワイマント
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 文庫


________________________________________________________


さて、昨年に成立した秘密保護法が、以前はよく話題にのぼっていて、

事あるごとに、 「 知る権利 」 「 知る権利 」 と、なにかまるで呪文のようだけれど、

機密漏洩が国益を損なうことは、過去のこの事件が示しているのではないでしょうか。


国民の「 知る権利 」もたしかに大事だけれど、
  

「知ってもらっては困ること」


はどこの国にも当然あるはずで、

そんな国家機密まで個人のレベルでムリして知ろうとはぜんぜん思いません。














________________________________________________________


さて、スパイのゾルゲのほうに話はもどりますが、

わたしが、「ゾルゲ事件」を知ったのはこの本を読んでいて。 

ここには3人の「アドルフ」が登場し、

それぞれ、「アドルフ・カミル」と「アドルフ・買う不満カウフマン」は創作上の人物。

そして「アドルフ・ヒットラー」は実在の人物だけど、あまり登場しない印象です。


時代背景や内容的にシリアスなんだけれど、

物語に引き込ませて読ませるチカラはさすが手塚先生と言いたいです。

物語なのでフィクションもありますが、史実も交えて、

「時代の大きなうねりを感じる事ができる読書体験」

といっていいと思います。

なにか今日は本の紹介みたいになってしまいました。。








おしまい












アドルフに告ぐ コミック 全5巻 完結セット (手塚治虫漫画コミック 全集)

アドルフに告ぐ コミック 全5巻 完結セット (手塚治虫漫画コミック 全集)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: コミック









関連記事


秘密保護法案成立へ
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-11-26

ブラック・ジャックに憧れた
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-02-09

【取扱い厳重注意】 吉田調書、公開へ
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-09-11



________________________________________________________



あとがきと補足

リヒャルト・ゾルゲはドイツの新聞社の特派員として来日。
(当時ドイツは同盟国)

マスコミというのは昔も今も絶好の「かくれみの」なのでしょうか??

その最後の言葉は「ソビエト赤軍、国際共産主義万歳」だったそうです。

余談ですが、彼の父方の大叔父の名は「フリードリヒ・アドルフ・ゾルゲ」

おや、ここにもアドルフの名が・・・

マルクスの秘書であり、ハーグ大会後の、

第一インターナショナル・ニューヨーク本部の書記長だったそうで、

いやはやそういうことか。。









アドルフに告ぐ (第3巻)

アドルフに告ぐ (第3巻)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1985/08
  • メディア: 単行本












※インターナショナル 社会主義運動の国際諸組織の通称


nice!(23) 
共通テーマ:日記・雑感

世界初のラジコン(1903年) [歴史]

 
 
Wikipediaという、ものの百科事典によりますと、


「 ラジコン 」


の登場からおよそ110年。

それは1903年の9月25日のこと。


















________________________________________________________


西暦だとピンとこないので、元号だと

明治36年

明治時代の後期にすでに「ラジコン」が存在していたとは・・

もっと新しい時代のものかと思っていました・・驚き。。




















________________________________________________________


それは、


「レオナルド・トーレス・ケベード」


という、スペイン人の技術者によってお披露目されました。





■ レオナルド・トーレス・ケベード
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%89














レオナルドトーレスケベードと、

つなげて読まない方が、我々日本人にはいいかもしれません。。


________________________________________________________


その、

スペイン人技術者のトーレスさんは、他にもロープウェイや、

各種アナログ計算機械、独自の構造の飛行船、

歴史上最初のコンピュータゲームとも呼ばれるチェス機械、

電気機械式の解析機関などの発明やら研究やらで多才ぶりを発揮した方と、

今回あわせて知りました。
















タミヤ 楽しい工作シリーズ No.120 ロープウェイ工作セット (70120)

タミヤ 楽しい工作シリーズ No.120 ロープウェイ工作セット (70120)

  • 出版社/メーカー: タミヤ(TAMIYA)
  • メディア: おもちゃ&ホビー


________________________________________________________


「アナログ計算機械」や「チェス機械」などと聞くと、

現代のコンピュータのルーツというか、アルゴリズム的な匂いを感じます。

アイデアの原型はもうすでにこの頃にあったのですね。


そして「ラジコン」

21世紀の今はこんなに小さく、お手軽にだれもが楽しめて、

そして部屋のなかで空も飛んだりしてしまう、そんな時代。





おしまい













赤外線ヘリコプター NANO-FALCONα ナノファルコンアルファ メタリックブルー

赤外線ヘリコプター NANO-FALCONα ナノファルコンアルファ メタリックブルー

  • 出版社/メーカー: シー・シー・ピー
  • メディア: おもちゃ&ホビー
















関連記事


鉄が水に浮き そして空を飛ぶ
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-12-07

戦争とテクノロジー
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-06-28

2001年宇宙の旅
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-08-16




















nice!(6) 
共通テーマ:日記・雑感

離合集散 (スコットランド残留) [歴史]



離合集散 (りごうしゅうさん)




人々がより集まって仲間をつくったり、また別々に分かれたりすること (goo辞書より)


















________________________________________________________


世界の注目を集めていた、

スコットランドのイギリスからの独立は住民投票で否決となりました。





・スコットランド残留 キャメロン首相が反撃開始「変化のチャンス」


















________________________________________________________


「イギリス」というと、ひとつの国という印象をうけてしまうけれど、

ユナイテッド・キングダム」の名のごとく、

イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、

という勢力をまとめた(ユニット化)

国と考えると今回の独立騒動にも納得がいきます。













________________________________________________________


かつて(19世紀)の大英帝国は、

世界の半分を影響下(または植民地)として栄華を誇っていたけれど、

その後はアメリカに経済規模で抜かれ、第二次世界大戦を機に

植民地の大部分を失い衰退し、現在に至っています。


そしてもっとおおきな「まとめ役」の、

欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票が2017年にあり、

これには今回よりもさらに注目が集まりそうです。






おしまい











関連記事

アイルランド 漢字では「愛」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-04-10

今日は何の日 バハマ独立(1973) そしてヘミングウェイ
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-07-10

7月4日 Fourth of July アメリカ独立記念日
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-07-04

モロッコがフランスから独立(1956)
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-03-02

私の逸品シリーズ その8 「吉田カバン」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06





________________________________________________________





あとがきと余談


国として成熟していくといろいろあるのでしょう。

人間に例えると、

「まだまだ元気なおじいちゃん」

といったら誤解があるかな。。

孫はどんどん独立して離れていくし、

同居の息子や娘さえもこれまた同じ事を考える。



あと、ニュースでスコットランド国旗が出るたびに、

吉田カバンのマークとかぶって仕方ない










スコットランド 国旗


スコットランド 国旗 [ ミニフラッグ ポール 吸盤付き 高級テトロン製 ]






nice!(5) 
共通テーマ:日記・雑感