So-net無料ブログ作成
気象と季節感 ブログトップ
前の6件 | -

あんがい怖い 春一番 [気象と季節感]

 
 
過去に二度ほどこの、


「春一番」


という現象について記事にはしてみたけれど、
読み返してみると、ぜんぜん物足りなくて、
だれかの役に立つとも思えず、自己満足の域を出ておらずお恥ずかしい限り。。


今回伝えたいのは、この春一番というものは時化や嵐をともなって、


「災害」


をもたらす可能性があるということ。











非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

  • 出版社/メーカー: HIH
  • メディア: ホーム&キッチン


________________________________________________________



まず、多くの人が気になるのは、


「交通機関への影響」


でしょう。


強風や突風 そして竜巻も時として起こり、

定時運行が妨げられます。















KATO Nゲージ E231系 東海道線・湘南新宿ライン 基本 4両セット 10-594 鉄道模型 電車

KATO Nゲージ E231系 東海道線・湘南新宿ライン 基本 4両セット 10-594 鉄道模型 電車

  • 出版社/メーカー: カトー(KATO)
  • メディア: おもちゃ&ホビー


________________________________________________________


そして台風並みの強い風は、建物などへの被害や、

時化による海難事故なども引き起こします。

風の被害もそうですが、今回は雨もかなり降った所があり気が抜けませんね。


そして特筆すべき春一番の現象は、


「気温の急激な上昇」


による、


「なだれ 融雪洪水」


などに注意が必要になります。












________________________________________________________



あれこれ春一番の、由来やら定義やらも結構ですが、


「 春一番 = 災害??


くらいに考えても大げさではないのかと思い、
シンプルに皆様に注意喚起をしていただきたいと思い、終わりにいたします。

まだまだ、春の嵐ははじまったばかり。


今回この記事を書いた動機は、朝聞いていた、
某ラジオパーソナリティの春一番の認識の乏しさにがっかりし、
時化や嵐をもたらす現象なのに、
まず災害を防ぐという視点が欠けていて嘆かわしかったからです。

テレビやラジオに出ている人はもっと教養があるのかと思っていましたが、
どうやら違うようですね。





おしまい








報道特注(本) (扶桑社BOOKS)

報道特注(本) (扶桑社BOOKS)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2017/10/31
  • メディア: Kindle版








【 過去の関連記事 】


ビューフォート風力階級
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-05-07


吹くか?「春一番」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-02-28


春一番
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2009-02-15


【 カテゴリ 気象と季節感 】

http://versatile.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303124345-1




共通テーマ:日記・雑感

台風接近中 [気象と季節感]

 
 
秋がない 


と、ここ数年うすうす思っていましたが、
ことしはまわりからも、よくそんな声を耳にします。

そんな天候不順の象徴と思える、
ここのところの雨続きの天気と、とどめに超大型の台風の接近。

・・・・・・

最近、ブログの更新が滞っており、
今日くらいはなにかと書いていこうと思っていたのですが、
どうやら、天候だけでなくソネブロも不調のようでして・・・すこし諦めモード

また機会をあらためまして、いろいろ書き溜めていたことなど、
すこしづつupしていきたいと思います。




関連記事

・11月の記録的大雪 人間活動の影響
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2016-11-25

・マイカテゴリー 気象と季節感
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303124345-1









共通テーマ:日記・雑感

11月の記録的大雪 人間活動の影響 [気象と季節感]

 

「宇宙は寒い」



「かといって太陽は熱すぎる」



「ちょうどいいところにある、この地球という場所」




備えのないところへこんな大雪の中での屋外の作業は身に染みました。。
また、強くなってくる雪に慣れないうちの運転は距離感がおかしくなり、
(白い世界に舞う雪はロマンチックな一方、キケンでもあります)
路面の不安も手伝って、なにか浮遊している気持ちもしてきます。
そんな不安というのは人を敏感にし、
宇宙 → 北極 → 雪 と寒さの伝わり方をなにかダイレクトに体に感じ、
こんなことを思ったのです。











________________________________________________________

 
11月24日は11月としては、
記録的な

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感

今年初の夏日 [気象と季節感]

 
五月のスタートは初夏を通り越して夏のような陽気。


「横浜では、今年初の夏日」


とニュースで言っていて、

近くの海老名のアメダスでも14時に26.0を観測。

すこし早すぎる、こんな夏の空気感のみち方に違和感をおぼえつつ、

思うところは、昨今の極端な天気の事。


「ことしの夏はどうなのかな??」


とそんな思いが頭をよぎります。














いのちを守る気象情報 (NHK出版新書 404)

いのちを守る気象情報 (NHK出版新書 404)

  • 作者: 斉田 季実治
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2013/05/08
  • メディア: 新書


________________________________________________________


「気象マニア」


・・と迄は行かないけれど、天気にはなみなみならぬ関心をもっている私。

そんな事を思うのは、いまから20年程前に気象予報士の資格を取って、

なにかそれを生かした仕事がしたいと本気で勉強していた事が影響していると思います。

日々の天気図チェックはもちろん欠かさず、

当時のバイト先でファックスをちょくちょく図々しくも使わせてもらい、

高層天気図も出力して、いま起こっている現象(天気)はなぜこうなるのか、
(今ほどネットは充実してなかったので)

大気が立体的に、どうひしめきあい、どうせめぎ合い、そしてどうふるまっていくのか、

そんなものを毎日頭に叩き込んでいた時期がありました。

結局はその道に行くことは叶わなかったのだけれど・・

日々の天気の移り変わりには敏感になり、天気というのは、

地球だけでない宇宙もふくめたつながりのなかで起こっている現象なのだということを

すこしだけ知ったのだと思います。














一般気象学 第2版補訂版

一般気象学 第2版補訂版

  • 作者: 小倉 義光
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2016/03/28
  • メディア: 単行本

・気象の「バイブル」


________________________________________________________


さて、気象のほうは昔よりも予報の精度は高くなっているようですが、

おなじ気象庁の観測している、


「地震」


については予報ができない、というか予報はしちゃいけないもので、

大地震が起こると必然的に注目が集まり、メディアでの報道が多くなりますが・・・

時とともに関心は薄れていくように思います。


わたしは地震に関しては気象ほど詳しくはないけれど、

この日本列島というものの成り立ちをすこしでも知ると、

大地というかプレートというか、そういうものが地下でひしめきあい、せめぎ合っているのが

容易に想像がついて、この日本に居る限りはどこにいても大きな地震は起こりえて、

油断はならなくて他人事ではないと、

今年初の五月にしては暑い夏日にそんなことを思うのです。









おしまい


















関連記事

小寒 「北極冷蔵庫」はトビラ全開で日本向き
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-01-05

夏と冬 せめぎあう空気のかたまり
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-10-14
 
今夜は冷える 放射冷却現象を簡単に
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-10-24 








日本列島の誕生 (岩波新書)

日本列島の誕生 (岩波新書)

  • 作者: 平 朝彦
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/11/20
  • メディア: 新書








火山入門―日本誕生から破局噴火まで (NHK出版新書 461)

火山入門―日本誕生から破局噴火まで (NHK出版新書 461)

  • 作者: 島村 英紀
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2015/05/08
  • メディア: 新書








nice!(73)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

もうすぐ 冬至 [気象と季節感]

 
 
もうすぐ


「 冬 至 」

 
こよみによりますと今年は、

今週の12月22日(火曜日)














小玉かぼちゃの焼きプリン

小玉かぼちゃの焼きプリン

  • 出版社/メーカー: Yellowpumpkin
  • メディア: その他

________________________________________________________


ようやく、

冬らしい寒さに包まれては来たけれど、

天候の不順感は否めず、

紅葉の遅さ、日本海側での降雪の少なさ、

などが思い当たるところです。














こだま食品 入浴用ゆず湯 40g×2パック 102026009

こだま食品 入浴用ゆず湯 40g×2パック 102026009

  • 出版社/メーカー: こだま食品
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


________________________________________________________


言わずとも、

人間活動の拡大が気象に影響を及ぼしていることは

疑いの余地がなくなりそうな昨今の状況ではと思います。


けれども 「冬至」 は一年で最も昼が短い日で、

これは太陽と地球の位置関係と、地軸の傾きにより、

北半球では年にいちどこうなり、人間の活動にかかわらず、

お空の上では順当に季節はめぐっているようです。








おしまい








地磁気 観察 地球儀 U8495243

地磁気 観察 地球儀 U8495243

  • 出版社/メーカー: スリービー・サイエンティフィック
  • メディア: おもちゃ&ホビー










関連記事


冬至
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-12-22

お風呂にゆっくりと浸かる
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-12-18

小寒 その2 日が長くなった?気がする
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-01-06

地球メリーゴーランド
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-12-20

日の出とこよみ
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-01-02




________________________________________________________



あとがき


順当に・・と言いたいところですが、近年は太陽活動にも変動がみられ・・

ここらへんは推移を見守りたいところ


・大規模フレア4連発
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-05-15

・来るのか?ミニ氷河期 温暖化ではなく・・・
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-06-26



また、

先日のはやぶさ2のスイングバイの成功はおめでたい事ではあるのだけれど、

微少ながら地球の重力バランスに影響をあたえるのでは??と、

学者先生には一笑に付されてしまうかもしれませんが、少し心配ではあります。


これからもっと人間の活動が地球外へ広がれば広がるほど、

やはり影響はあるのだと思います。



・g (ジー) その3 最終回
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2015-09-13














高知の特産物 土佐ゆず果汁 720ml

高知の特産物 土佐ゆず果汁 720ml

  • 出版社/メーカー: 大豊グループ(協)
  • メディア:









nice!(79)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「今年の漢字」の予想をしてみた [気象と季節感]

 
 
「今年の漢字」


その年の世相を表す字として、

毎年12月12日の「漢字の日」に発表しているけれど、

ことしは12日が週末にあたり、発表場所である清水寺の混雑や混乱を考え、

平日の15日にずらした発表になるとラジオで聞きました。
















白川静さんに学ぶ漢字は楽しい (新潮文庫)

白川静さんに学ぶ漢字は楽しい (新潮文庫)

  • 作者: 小山 鉄郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/11/28
  • メディア: 文庫

________________________________________________________


清水寺での発表、そして筆を使っての画になるパフォーマンス。

ああいうのをテレビで見てしまうと、

けっこう歴史のあるものかと思ってしまうのですが、

1995年の開始なのでまだ20年ほどで、

日本漢字能力検定協会のキャンペーンであり、

「今年の漢字」は同協会によって商標登録されているそうです。















小学校学習漢字1006字がすべて読める漢字童話

小学校学習漢字1006字がすべて読める漢字童話

  • 作者: 井上 憲雄
  • 出版社/メーカー: 本の泉社
  • 発売日: 2009/06/15
  • メディア: 単行本

________________________________________________________


まぁそんなことはともかく・・

前置きが長くなりました・・・

私の予想はコレ ↓
 
 

続きを読む


nice!(77) 
共通テーマ:日記・雑感
前の6件 | - 気象と季節感 ブログトップ