So-net無料ブログ作成
検索選択
科学とSF ブログトップ
前の6件 | -

スペイス・シャトル上昇中 [科学とSF]

今日、感動したのは、この写真






shuttleplume_sts134_960-s.jpg

________________________________________________________


なにか見方によっては・・



「日時計の出来損ない」






「氷原の孤独な樹氷とか・・」






「アイスクリームにささった光る変な棒」




・・・のように見えなくもありませんが、


これは、スペースシャトルの打上げを空中から撮影したもので、
(ってタイトルに書いてあるやん。。)

こんなスケールの大きい、俗世から離脱した出来事をとらえたショットに、

思わず感動してしまいました。




shuttleplume_sts134_960.jpg

・こちらクリックで原寸大が見れます


________________________________________________________



写真は私がほぼ毎日みている、APODというページの日本語版より拝借。

これはNASAの施設である、ゴダード宇宙飛行センターの、

Astronomy Picture of the Day (APOD)という名のサイトの記事の一部を日本語訳したものです。

ここでは宇宙に関する画像や写真が毎日更新され、

専門家によって書かれた説明も読めてしまうと言う、

なんともありがたい所。



・APOD日本語版
http://home.u05.itscom.net/apodjpn/apodj/apodj0.htm


・APOD
http://apod.nasa.gov/


________________________________________________________




お題の「スペイス・シャトル上昇中」

正しい日本語は

スペース・シャトル上昇中」

だと思いますが、自動翻訳のクセみたいなものでしょうか・・・

このAPOD日本語版、写真も美しくていいのですが、

タイトルだけでなく、説明文にもこういった変な訳があったりして、

これをみるのも結構オツなものです。


例をあげると、こんなのがあり、


・ブラック・ホウル → ブラック・ホール

・ハボル → ハッブル
(ハッブル宇宙望遠鏡)


「ブラック・ホウル」ってどこの街の劇場よ?? って言いたくなる。。

昔なつかしい、ジーゼル、グラビヤ、アジヤ、そんなノリの古代カタカナ語チック。


でも「ハボル」はもしかして、発音的には「ハッブル」より、

原語に近いかもしれなくて、これはこういう翻訳の機能として、

なかなか捨てがたいと思ってみたりするのです。







おしまい







________________________________________________________


思わず笑ってしまう 変な訳といえばこの本


匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~

匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~

  • 作者: 原 倫太郎
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: 単行本








マイカテゴリ 科学とSF
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304249705-1


________________________________________________________

nice!(45)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「しし座流星群」が見ごろ [科学とSF]

 
17日から18日にかけて、

「しし座流星群」が見ごろとなり、さらにおまけで

「おうし座流星群」も見えるかもしれません



流星









________________________________________________________



「流星」すなわち「流れ星」というとロマンチックなイメージでしょうか。

とくに見ごろでない時でも、ふとした時に現れたりするとうれしいというか、

「ラッキー」って思います。

なにせ一瞬のことなので、

続きを読む


nice!(38)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノーベル物理学賞に日本人 [科学とSF]

 
 
さきほど飛び込んできたニュースです



・赤崎、天野、中村氏にノーベル賞=青色LED開発
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6133947




________________________________________________________



ノーベル賞でも、物理学賞というと、あまり暮らしに関係がなかったりして、

「ふーん、日本人が受賞したんだぁ・・・」

くらいの人も多かったかもしれませんが、

今回はかなり生活に溶け込んでいるテクノロジーで、

実用的な色LEDの開発に対しての受賞なのです。










Panasonic LED電球 一般電球タイプ 広配光タイプ 6.6W  (昼光色相当) E26口金 電球40W形相当 485 lm LDA7DGK40W

Panasonic LED電球 一般電球タイプ 広配光タイプ 6.6W (昼光色相当) E26口金 電球40W形相当 485 lm LDA7DGK40W

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: ホーム&キッチン


・LED照明

________________________________________________________



たとえばこのLED照明 ↑ 

電球に比べ電気を喰わなくて、寿命が長く、発熱も少なく、効率がいい。


「すなわち省エネ」












Panasonic(パナソニック) 3LED発電ランプ SKL095/前照灯 チタン

Panasonic(パナソニック) 3LED発電ランプ SKL095/前照灯 チタン

  • 出版社/メーカー: Panasonic(パナソニック)
  • メディア: スポーツ用品

・自転車のライト

________________________________________________________



↑ 自転車のライトもLEDが増えてきてますね

少ない発電量で、より光らせるためには効率のいいLEDがもってこい


あと身近なところでは、

信号機や電車の案内板など、着きっぱなしで電力を消費しやすい所は

LEDにどんどん置き換わっているようで、これは必然の流れなのでしょう。













・発光ダイオード

________________________________________________________



↑ LEDといえば「発光ダイオード」

今どきは死語かもしれませんが・・・

そんな「発光ダイオード」といったらむかしはばかりだった記憶がありますね。

電子工作が懐かしい。








埋込 型 2線 式 デジタル LED 電圧計 4.5V~30V 表示電圧調整可 【緑B】

埋込 型 2線 式 デジタル LED 電圧計 4.5V~30V 表示電圧調整可 【緑B】

  • 出版社/メーカー: AW-Net
  • メディア: エレクトロニクス


________________________________________________________



LED自体は目新しいものではないけれど、

その色は限られ、用途も限られていました。


LEDで白色光を実現する為には、光の原色のうちのひとつの、

」色のLEDの実用化が必要だったそうで、

さきほど、40年近くも前から開発を始めていたと知り、驚いたと同時に、

浮かんだことばは・・・



「一念岩をも通す」





________________________________________________________



さいごに

照明系にばかり焦点をあてましたが、青色LEDには、

光通信、ディスプレイのバックライト、大型ビジョン、ほか、さまざまな応用があるようです。

おなじ青は青で、「青色レーザー」も今回受賞者の赤崎さんらの開発との事で、

この技術が「ブルーレイディスク」の実用化につながっています。









おしまい







関連記事


スターゲイザーはJC、そしてJK、JDに。。
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-08-08

山中教授ノーベル賞受賞
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08

STAP(スタップ)細胞
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-04-07

セルシウス・ケルビン・ファーレンハイト
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-11-27

________________________________________________________



【 広 告 】




SONY ブルーレイディスクレコーダー/DVDレコーダー 1TB BDZ-EW1100

SONY ブルーレイディスクレコーダー/DVDレコーダー 1TB BDZ-EW1100

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



















LED関連製品いろいろ



NEC LEDシーリング 調光タイプ BASICモデル ~8畳 HLDZB0839

NEC LEDシーリング 調光タイプ BASICモデル ~8畳 HLDZB0839

  • 出版社/メーカー: NECライティング
  • メディア: ホーム&キッチン










Panasonic LED強力ライト 白 BF-BS01P-W

Panasonic LED強力ライト 白 BF-BS01P-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • メディア: ホーム&キッチン




日立 LED電球 昼光色80W相当 E26口金 全光束1160lm LDA11D-G-A

日立 LED電球 昼光色80W相当 E26口金 全光束1160lm LDA11D-G-A

  • 出版社/メーカー: 日立アプライアンス
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品





丸善(MARUZEN) Mag Boy [MLC-1-BK2] LED 発電 ランプブラック

丸善(MARUZEN) Mag Boy [MLC-1-BK2] LED 発電 ランプブラック

  • 出版社/メーカー: 丸善(MARUZEN)
  • メディア: スポーツ用品









________________________________________________________



nice!(13) 
共通テーマ:日記・雑感

スペースシャトルの後継機決定 [科学とSF]

 
 
スペースシャトルの退役(2011年)から三年余り、

昨日(9/17)のニュースで、

その後継機が決定したとの知らせがありました






・スペースシャトル後継、2機決定…NASA
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140917-OYT1T50088.html?from=ytop_main1


スペースシャトル その成功と挫折 ~世界を変えた宇宙開発~ The Space Shuttle's Last Flight [DVD]

スペースシャトル その成功と挫折 ~世界を変えた宇宙開発~ The Space Shuttle's Last Flight [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • 発売日: 2012/04/26
  • メディア: DVD

________________________________________________________



2機というか、2種類で

「CST-100」と「ドラゴン」という機体は、


・CST-100  = 最大7人乗りの乗員輸送用


・ドラゴン  = 貨物機だけど将来的には人員輸送も


という位置づけのようです







はじめての宇宙旅行

はじめての宇宙旅行

  • 作者: 浅川 恵司
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2014/09/20
  • メディア: ムック

________________________________________________________



奇しくも、38年前の1976年の9月17日は、

先代のシャトル1号機の「エンタープライズ」が公開された日でもあります。









1/100 スペースシャトルシリーズ No.2 スペースシャトル・アトランティス 60402

これはアトランティス(OV-104)





________________________________________________________



そんな宇宙はとても夢があっていいのだけれど、さけては通れないコストの問題。

すなわち「お金」

シャトルを一回飛ばすのには、5億ドルとも10億ドルとも言われています。

日本円だと安いほうでも約500億円・・・私にとっては天文学的な数字。。

後継機は基本的に、使い捨てロケットを使用して先端にシャトルをのっけて、

安く済ませようという考えだけれど、それでも※1億ドルから2億ドルはくだらないと思います。









Atlas V Rocket w/Launch Pad (1:400) 並行輸入品

Atlas V Rocket w/Launch Pad (1:400) 並行輸入品

  • 出版社/メーカー: DragonWings
  • メディア:

________________________________________________________



ただし、

打ち上げ回数が増えて信頼性が上がり、量産体制が整ったり、

使い捨てロケットの回収が可能になれば、今後コストはさがる可能性もあり、

このへんは一般の市場原理というか、宇宙がより身近になってきている事の

証拠かもしれませんね。







おしまい







関連記事


「こうのとり」、打ち上げ成功!
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-08-04

ISS関連 「おしっこ飲めますか?」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-11-20

スターゲイザーはJC、そしてJK、JDに。。
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-08-08

中秋の名月で満月。ISS船長に若田さん
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-09-19

スプートニク1号
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-10-04

ワープ航法を実現するには・・・
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-04-05



________________________________________________________




【 広 告 】




宇宙旅行はエレベーターで

宇宙旅行はエレベーターで

  • 作者: ブラッドリー・C・エドワーズ
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2013/06/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






宇宙旅行学―新産業へのパラダイム・シフト

宇宙旅行学―新産業へのパラダイム・シフト

  • 作者: パトリック コリンズ
  • 出版社/メーカー: 東海大学出版会
  • 発売日: 2013/11
  • メディア: 単行本





________________________________________________________


※参照データ あくまでも概算で目安

アトラスVの打ち上げコスト $187,000,000 (2014)

ファルコン9の打ち上げ費用 $49.9M~$56.0M (2011)



nice!(11) 
共通テーマ:日記・雑感

人類、「太陽風」で危機一髪だった?? [科学とSF]

 
 
タイトルちょっとおおげさですが、

元ネタ ↓ も似たような表現なのでご勘弁ください。







・2年前に地球をかすめた太陽風、直撃なら200兆円の被害も
http://www.cnn.co.jp/fringe/35051471.html

・人類、危機一髪「太陽風」あわや200兆円損害
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140728/scn14072811050004-n1.htm




________________________________________________________



ここのところの猛暑の照りつけに、

太陽の存在は否が応でも増して感じられるところです。


夏が終われば猛暑は去るけれど、

記事にあるような「太陽風」の直撃がもしあったなら、

そのダメージは計り知れなくて、年単位での復旧となる可能性もあると思います。









太陽に何が起きているか (文春新書)

太陽に何が起きているか (文春新書)

  • 作者: 常田 佐久
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/01/20
  • メディア: 新書

________________________________________________________



その威力や影響などは先月に記事 ↓ に書いたとおりだけれど、


・太陽フレアが連続発生
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-06-11


もしものときの影響の大きさを考えると、ニュースの中での


「太陽


ということばは適切でないのかもしれませんね。



「太陽」ぐらいの強調が必要なのではと思います。








おしまい






関連記事とリンク


「宇宙天気ニュース」http://swc.nict.go.jp/contents/

来るのか?ミニ氷河期 温暖化ではなく・・・
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-06-26

初日の出に思う2 太陽とお天道様
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-01-02

大規模フレア4連発
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-05-15







太陽の科学―磁場から宇宙の謎に迫る (NHKブックス)

太陽の科学―磁場から宇宙の謎に迫る (NHKブックス)

  • 作者: 柴田 一成
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/01
  • メディア: 単行本



________________________________________________________




nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

本気でワープするぞ from NASA [科学とSF]

 
「ワープ航法」実現・・・そんなの無理でしょっ


・これがワープ実現の宇宙船――NASAが画像公開
http://www.cnn.co.jp/fringe/35049367.html


うさんくさいニュースかと思いきや、ソースの出所はなんとNASA










航空ステッカー NASA アメリカ航空宇宙局シール~スーツケース・タブレットPCに







________________________________________________________



2010年からの研究ということで日はまだ浅いものの、

その設計をもとに、かなり時間をかけて描かれた未来の船には

とても夢がいっぱい詰まっていそうな気がします。


なまえは「IXSエンタープライズ」だそうで、

「エンタープライズ」といえば、

「スター・トレック」シリーズで有名なあの宇宙船で由来はそこから。










1/600 スター トレック 宇宙大作戦 NCC-1701 U.S.S エンタープライズ (TV版)

1/600 スター トレック 宇宙大作戦 NCC-1701 U.S.S エンタープライズ (TV版)

  • 出版社/メーカー: ドイツレベル
  • メディア: おもちゃ&ホビー

________________________________________________________



しかもその設計も、

1965年の「スター・トレック」(TOS)のスケッチを参考にしているそうなんだけれど・・・

あれあれ、なんか大丈夫かいな?? この人たち??

続きを読む



共通テーマ:日記・雑感
前の6件 | - 科学とSF ブログトップ